フォースコリーでスッキリと痩せる|ササッとダイエット

お手軽に野菜がとれます

野菜とシェイク

グリーンスムージーの特徴は、そのお手軽な所です。材料を準備してから片付けるまで短時間で出来るのに、野菜と果物が栄養素を壊す事なく取り入れられます。グリーンスムージーを作るにはミキサーが必要です。野菜と果物を皮ごと細かくする事で、細胞壁も細かくなり栄養が吸収しやすくなるのです。食物繊維もそのまま取り込めるので、腸内環境も改善します。グリーンスムージーは、果物と野菜の割合が6対4の割合で作ると、誰もが飲みやすいスムージーになります。野菜をとろうとすると、マヨネーズやドレッシングなどの様々な調味料が必要になりますが、グリーンスムージーにしてしまえば、塩分も油分も入れずに、野菜をたくさん摂る事が出来るのです。野菜や果物の種類で得られる栄養は変わるので、栄養をチェックして材料をチョイスしましょう。

グリーンスムージーには向かない野菜もあるので注意しましょう。キャベツは、お腹にガスがたまってしまいます。牛乳やヨーグルト、豆乳などのたんぱく質は一緒に摂ると栄養価は上がりますが吸収されにくくなってしまいます。水分は水だけにしましょう。野菜や果物には、皮の内側に一番栄養があるので、出来るだけ皮ごと使ってしまいましょう。グリーンスムージーには、飲む時にもコツがあって、冷えたまま飲むとお腹が冷えてしまいます。飲む時は、常温に戻してから飲むと内臓が冷やされずに済みます。果物や生野菜も、夏が旬の物や南国で栽培している物は、身体を冷やす効果があるので、グリーンスムージーを飲んで便秘になる人は、果物のチョイスを変えてみましょう。